L.A.コンフィデンシャル - ジェイムズ・エルロイ

コンフィデンシャル ジェイムズ エルロイ

Add: xyluwym16 - Date: 2020-12-16 07:44:57 - Views: 7003 - Clicks: 1892

コンフィデンシャル スクリーンに蘇る1950年代l. 四部作』の第3部である小説を原作とした1997年公開のアメリカ映画です。カーティス・ハンソンが監督・製作・脚色を兼任し、ワーナー・ブラザースの製作で映画化されました。 目次 1. 四部作』の三作目にあたる小説、及びそれを原作とした1997年 公開の映画である。. Confidential》。ジェイムズ・エルロイの同名小説の映画化。監督:カーティス・ハンソン、出演:ラッセル・クロウ、ガイ・ピアース、ケビン・スペイシー、キム・ベイシンガーほか。第70回米国. コンフィデンシャル」 年1月29日 by rincyu コメントは受け付けていません 97年の映画『L. コンフィデンシャルの用語解説 - 1997年製作のアメリカ映画。原題《L. laコンフィデンシャル 上 - ジェイムズ・エルロイ - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. コンフィデンシャル 共有: クリックして Twitter で共有 (新しい.

Conf ide nt ial)とは、1990年に発刊されたジェイムズ・エルロイの『L. ジェイムズ・エルロイ作品一覧(おすすめランキング順)と新刊情報。ジェイムズ・エルロイ おすすめミステリ小説:ブラック・ダリア,ホワイト・ジャズ,ビッグ・ノーウェア,laコンフィデンシャル,アンダーワー. コンフィデンシャル(1997)の映画情報。評価レビュー 1414件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:ラッセル・クロウ 他。 縄張り争いが激化する&39;50年代のロス。街のコーヒーショップで元刑事を含む6人の男女が惨殺される事件が発生した。.

やがてある一つの地点に収束するようになるというもの。 しかし、3人のエピソードの全てに焦点を当てていると、2時間という枠にとてもじゃないが収まる訳はないので、対立構造にあるバドとエド(これは原作通り)にのみ焦点を絞って、ジャックはサポートに回らせるというように脚色した点が非常に巧くハマっていました。 またバドの相棒のステンズランドが“ナイト・アウル事件”で. Aコンフィデンシャル』を語る上で最高のキャストたちに触れない訳にはいきません。 ラッセル・クロウが演じた暴力的な男(だが女性には優しい)バド・ホワイトや、アカデミー賞とゴールデングローブ賞の両方で助演女優賞を獲得したキム・ベイシンガー(ヴェロニカ・レイクに似せた娼婦リン・ブラッケン役)も完璧といって良いキャスティング。 飄々としたジャック役のケヴィン・スペイシーは相変わらず素晴らしいし、ゴシップ誌の記者を演じたダニー・デヴィートの存在感は抜群で、全ての黒幕ダドリー・スミス役のジェームズ・クロムウェルは『ベイブ』(1995)のイメージを覆す非道の男も見事でした。 しかし、何より素晴らしかったのはエド・エクスリーを演じたガイ・ピアースでしょう。オーストラリア映画の『プリシラ』で高評価を得たことをきっかけに、本作でハリウッドデビューを飾った訳ですが、その素晴らしい演技には拍手を送りたくなりますね! 何より原作ファンとしては、根は臆病だがそれを周囲にバレたくないからわざと強がっているエドという男にあまりにもドハマりしているので、本当に驚きました。 これがハリウッドデビューだというのですから、その驚きもさらに倍増という感じでしょうか。ガイ・ピアースがこの作品をけっかけにスターへの階段を駆け上がっていくのもよく分かります。 出世作になったということでいえばラッセル・クロウも同様で、この作品以前に『クイック&デッド』や『バーチュオ・シティ』には出ていたものの、やはり大スターへのきっかけはやはり『L. の風景 映画を彩る豪華キャストたち L.A.コンフィデンシャル - ジェイムズ・エルロイ エルロイ文学・映像化への挑戦 製作秘話 写真で見るl. See full list on cinemarche. コンフィデンシャル』も1997年に映画化されてるんですが、こちらは観ちゃってるんですよね~。(エルロイを知る前だったのです。) 原作通りかどうかは、わからないのですが、映画はけっこう面白かったんですよね。. ジェイムズ・エルロイ(James Ellroy, 1948年 3月4日 - )は、アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ロサンゼルス出身の小説家。本名はリー・アール・エルロイ (Lee Earle Ellroy)。特に犯罪小説で知られている。. 。 「不夜城」は読みました。ただ暴力を過激に書いているだけの小説でした。映画の「LAコンフィデンシャル」は傑作だと思います。映画の「ブラック.

コンフィデンシャル」が、年1月29日に2枚組のブルーレイ・エディションとし. コンフィデンシャル」ジェイムズ・エルロイ 文春文庫) エドが父親と別れることができたのは、自分以外の人間の“正義”を認めることができるようになったからだと思う。様々な人間と出会い傷ついた8年の年月の中で、宿敵であったバド. コンフィデンシャル l. // この映画『L. コンフィデンシャル』でしょう! それは監督のカーティス・ハンソンにも脚本のブライアン・ヘルゲランドにも同様に言えることで、それほどこの作品が素晴らしいものだっということを良く表しているといえるのではないでしょうか。. 「laコンフィデンシャル(上・下)」 ジェイムズ・エルロイ 文春文庫. Amazonでジェイムズ エルロイ, Ellroy, James, 宏明, 小林のLAコンフィデンシャル 上 (文春文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。ジェイムズ エルロイ, Ellroy, James, 宏明, 小林作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

confidential 監督:カーティス・ハンソン 原作:ジェイムズ・エルロイ 脚本:カーティス・ハンソン ブライアン・ヘルゲランド 撮影:ダンテ・スピノッティ 音楽:ジェリー・ゴールドスミス. 時は1950年代、舞台はアメリカ、LA。当時のロスの街を裏で牛耳っていたマイヤー・ハリス・コーエン(通称ミッキー・コーエン)が脱税容疑で逮捕されたことで、闇社会に新たな動きが生まれようとしていました。 物語の始まりはクリスマスの夜。“血のクリスマス事件”から。 有名な刑事だった父を持つエドは、警部補試験もトップ合格したエリート中のエリート。彼は殺人課警部ダドリー・スミスに刑事部への転属を願い出ます。 親のコネだけで特に経験もなかったエドのその希望に対しダドリーは渋りますが、彼の意思は固いようでした。 一方、ウェンデル・“バド”・ホワイト刑事は、クリスマスのパーティーのための酒を調達しようとある酒屋を訪れていました。 そこで出会った美しい女性リン・ブラッケンに目を留めたバド。彼女が乗り込んだ車に顔にケガを負った女性が同乗しているのに気づきます。 不審に思ったバドが声を掛けると、運転手をしていたバズ・ミークスという元警官から言いがかりをつけられるも、その場にいたもう一人の男ピアース・モアハウス・パチェットとリンからも問題ないとの言葉を受け、バドはその場から引き下がりました。 ジャック・ヴィンセンスは、テレビドラマ「名誉のバッジ」の監修を務めるほどの麻薬課のスター刑事。しかし裏では、タブロイド誌“ハッシュ・ハッシュ”の記者シド・ハジェンズと共謀し、逮捕前の情報をリークすることで賄賂を受け取っていた悪徳刑事でした。 そしてその夜、事件は起きます。署内の留置場に警官に暴行を働いた容疑者たちが収監されたことを聞き知った荒くれ物の刑事たちが復讐のために、彼らに暴行を働いたのです。 暴行の首謀者はリチャード(ディック)・ステンズランド。相棒のバド・ホワイトは一旦は止めようとするも結局暴行に加担。当直の指揮官だったエドが止めに入るも、逆に押さえ込まれ、閉じ込められてしまいます。 翌日、マスコミは“血のクリスマス事件”と大々的に報じ、ロサンゼルス市警は面目丸つぶれでした。 その後、ステンズランドやバド、止められなかったエドに居合わせていたジャックも査問委員会に掛けられます。 証言を拒否したバドが停職処分を喰らった一方、エドは彼らを告発するような証言をし、ああいった輩は排除すべきだと上層部に意見します。 同席していたダドリーは、ステンズランドは仕方がないとしてもバドの刑事としての優. コンフィデンシャルの世界 tv版「l. 0 Total Reviews: 2. 四部作の第三部目にあたる小説を、映画化し、第64回ニューヨーク映画批評家協会賞、第23回ロサンゼルス映画批評家協会賞で作品賞を受賞した。 Inmpression こいつは、スゴイ!!気に入った!. 10歳の時、何者かに母を殺害される。 「アメリカ 文学界の狂犬」、「現代のドストエフスキー」と称される。 『ブラック・ダリア』、『l. LAコンフィデンシャル(下) - ジェイムズ・エルロイ - 楽天Koboなら漫画、小説、ビジネス書、ラノベなど電子書籍がスマホ、タブレット、パソコン用無料アプリで今すぐ読める。. 【公開】 1997年(アメリカ) 【原題】 L.

四部作」を通して ジェイムズ・エルロイを語る ジェイムズ・エルロイ。一部に熱狂的なファンを持つ作家である。このような作家 について私が語るのはいささか役不足だと思うが、しかし語り始めたら止まらな. Confidential 【監督】 カーティス・ハンソン 【キャスト】 ケヴィン・スペイシー、ラッセル・クロウ、ガイ・ピアース、ジェームズ・クロムウェル、キム・ベイシンガー、ダニー・デヴィート、グレアム・ベッケル、デヴィッド・ストラザーン、ロン・リフキン、ジョン・マホーン、パオロ・セガンティ、グヴェンダ・ディーコン、アンバー・スミス、ダレル・サンディーン、サイモン・ベイカー、ポール・ギルフォイル、ブレンダ・バーキ 【作品概要】 ジェイムズ・エルロイの同名小説を原作にしたクライム・サスペンスの傑作。数々の賞レースを席巻したことでも名を轟かせている。ガイ・ピアースやラッセル・クロウの出世作としても有名。 第70回アカデミー賞(1998年)助演女優賞(キム・ベイシンガー)、脚色賞(ブライアン・ヘルゲランド、カーティス・ハンソン) 受賞作品。以下ノミネート、作品賞、監督賞(カーティス・ハンソン)、撮影賞(ダンテ・スピノッティ)、編集賞(ピーター・ホネス)、作曲賞(ジェリー・ゴールドスミス)、美術賞、音響賞。 第55回ゴールデングローブ賞(1998年)最優秀助演女優賞(キム・ベイシンガー)受賞作品。以下ノミネート、ドラマ部門最優秀作品賞、最優秀監督賞(カーティス・ハンソン)、最優秀脚本賞(カーティス・ハンソン)、最優秀作曲賞(ジェリー・ゴールドスミス)。 第22回日本アカデミー賞(1999年)外国作品賞受賞作品。. ラメント。嘆き歌。結局これを聴きたいがために上下二巻の長丁場をひたすら耐えるのかもしれない。悪の巨魁に立ち向かい、力及ばず死んでいく者。死なないまでもボロボロになって都市を離れてゆく者。ともに戦った仲間の無念を思い、ひとり立ち尽くす未だ滅びざる者。ハードボイルドの. コンフィデンシャル』で第70回アカデミー賞(1998年)で見事に脚色賞を獲得した他、『ミスティック・リバー』では第76回アカデミー賞()脚色賞にノミネートされるなど、高い評価を受けているということが証明されていますね。 では、『L. ジェイムズ・エルロイ 1999年1月2 日 / 最終更新日時 : 年1月3日 しゅういち 監督・スタッフ ジェイムズ・エルロイ ジェイムズ・エルロイ(脚本家) ブラック・ダリア L. 年9月21日 14時36分 。 その“手を加える=脚色”といった点がこの作品は素晴らしく良くできており、原作の雰囲気をあまり損なうことなく、138分という基本的な映画サイズにまで落とし込んでいるというもはや神業的ともいえる巧みさですね。 その点で見ると、監督のカーティス・ハンソン(脚本にも参加している)の手腕ももちろん欠かせませんが、やはり脚本のブライアン・ヘルゲランドの功績が大きいでしょう。 ブライアン・ヘルゲランドは、原作ありきのものを巧みに脚色して映像化するといった事に非常に長けた人物といえるのです。 例えば、自ら監督・脚本を務めた『ペイバック』(1999)では、リチャード・スターク(ドナルド・E・ウェストレイクの別名)の小説『悪党パーカー/人狩り』を、脚本を務めた(監督はクリント・イーストウッド)『ミスティック・リバー』()ではデニス・ルへインの同名タイトルの小説を基にしているなど様々な作品を手掛けていることでも有名。 彼その手腕は『L. 4部作」として発表。 3作目となる今作は、元刑事を含む6人が惨殺された事件を受け、ロス市警の刑事たちが警察内部にうごめく腐敗と対峙し、多くの血が流れて.

米作家ジェイムズ・エルロイ氏。フランス・パリで(年11月13日撮影)。(c)joel saget / afp. Author: ジェイムズ エルロイ, James Ellroy Publication Date:Number Of Pages: 14 Rating: 5. ジェイムズ・エルロイ ジェイムズ・エルロイの概要 ナビゲーションに移動検索に移動この存命人物の記事には、出典が全くありません。信頼できる情報源の提供に、ご協力をお願いします。. ジェイムズ・エルロイとは、アメリカの小説家である。 概要.

aコンフィデンシャル」(ジェイムス・エルロイ/文春文庫) 50年代のロスアンジェルス市警。 “署内の集団暴行事件”“ナイト・アウルの虐殺事件”“どぎつい地下ポルノ写真の存在”同時期に起こった三つの事件“署内の集団暴行事件”“ナイト. それにしても、なかなか「ナイト・アウル」にぴったりな光景だと我ながら自惚れている。 「コンフィデンシャル」というタイトルもまたいい. コンフィデンシャル』は原作からどう脚色されているのでしょうか? 一番の違いは、ジャック・ヴィンセンス(ケヴィン・スペイシー)のエピソードがほとんどカットされているということがまず一つ。 原作はジャック、バド(ラッセル・クロウ)、エド(ガイ・ピアース)の3人の刑事がそれぞれ別の事件の捜査に当たっていたら.

原作:ジェイムズ・エルロイ 音楽:ジェリー・ゴールドスミス ケビン・スペイシー:ジャック・ビンセンズ L.A.コンフィデンシャル ラッセル・クロウ:バド・ホワイト ガイ・ピアース:エド・ハクスリー キム・ベイシンガー:リン ダニー・デビート:シド. ジェイムズ・エルロイの小説は面白いですか?昔、馳星周の「不夜城」が流行った時、馳がエルロイを賛美して流行ったと思いますが. デジタル大辞泉プラス - L. 原作は、クライム・サスペンスのジェイムズ・エルロイです。 エルロイ作品は、すばらしいです。 エロイ作品では、ありませんよ。 エルロイ作品です。 年以前の、彼の本は、僕も全部、持ってます。. コンフィデンシャル』。 エルロイの原作はかなり長めなのに加え、非常に複雑なプロットになっている(エルロイの特徴でもある)ため、映画化するのはかなり手を加えなくてはいけないのですが.

L.A.コンフィデンシャル - ジェイムズ・エルロイ

email: agito@gmail.com - phone:(731) 940-9251 x 9289

彼岸島 バンパイア・マスター雅編 - 松本光司 - おばあちゃん 明野みる

-> DNAのミステリー - 中原英臣
-> 漢方業務指針<改訂5版> - 日本薬剤師会

L.A.コンフィデンシャル - ジェイムズ・エルロイ - FortranとCによる経済分析 古川哲也


Sitemap 1

高橋信次の新復活 - 大川隆法 - オンデマンド版 ふるさとの想い出